風俗とは男性にとってのオアシス

他の風俗よりもデリヘルというのは客との距離が近くなる分、より更にの警戒心と護身が店側や嬢側は必要になってくるのです。私生活のことなどをあまりにもしつこく聞いてくる客がいたとしたら。

 

が、ただこれは風俗嬢に嫌われるだけでなく、今後一切の利用禁止、警察沙汰にまでひどい場合は発展してしまうかも知れません。デリヘルを楽しく利用する上で大切なことです。

 

しつこくそれを勘違いして本番行為や禁止プレイを強要する客もいると聞きます。次の予約が風俗嬢にも入っているかも知れませんので、きっちり風俗嬢にも守った上で賢く遊びましょう。

 

本番行為が風俗では禁止されています。法律的に勿論禁止されている行為、マナー的にしてはいけない行為などがあります。

 

終始風俗嬢のことを良く知りたい、仲良くなりたい、という気持ちは分かりますが、根掘り葉掘り私生活のことを聞こうとするのはNG行為です。微少でもプレイ時間は長く取りたいのが、多くの人の本音でしょう。

 

きっちりと守りましょう。客側にはもちろんそんな素振りを見せることはないかも知れませんが、客側も風俗嬢に余計な警戒心を持たせないような配慮は見知らぬ男性の元へ派遣されるのですからすべきところです。

 

店から今後利用を禁止されてしまうこともあります。そしてデリヘル店ごとに本番行為の他にも禁止プレイはあります。

 

わざと気付かないフリをしたり、だからと言って「最早ちょっとでイキそうだから…もうすぐ…」などと言ってプレイを長引かせようとしたりするのはダメです。絶対厳守は予め決めたプレイ時間です。

 

何でもオッケーなサービスではデリヘルはありません。風俗嬢は仕事ですから、笑顔でハッキリ断らないといけない場面でも対応するかも知れません。

 

デリヘルであってもそれは同じです。そんな本番行為は勿論、無理やり基本プレイに入っていないものまで楽しもうとする行為は絶対にNGです。